中古スマホを購入して、格安SIMで使いたい時の設定

 

スマホの端末を新しくして、格安SIMを使いたい時、

シムフリーの端末を購入する方法は、

・アマゾンなどでシムフリースマホを購入する

・楽天モバイルなどのMVNOで、SIMとセットで買える端末を購入する

などが一般的ですね。

 

できるだけ安く購入したい場合は、MVNOでキャンペーン価格で安く販売している

端末を購入する方法もありますが、端末の種類が限られますね。

 

もう一つの方法は、「中古スマホ」を購入する方法です。

 

中古ショップで、白ロムと表示してあるものを選べばいいですね。

白ロムとは、一般的にSIMカードを抜いた端末のことです。

前の持ち主が機種変更などで買い取りに出したケースが多いとおもいます。

SIMカードは、電話番号などの識別情報が記録されたICカードです。

キャリアで端末を購入する時は、必ず端末とSIMカードがセットになった状態で買います。

 

中古スマホは、少し前の端末を選べば、半額程度の値段で買えます。

 

また、自分でスマホを購入してしまえば、キャリアの長期契約に縛られなくなりますね。

 

購入した中古端末で、MVNOの格安SIMを挿して使えば、格安で利用できます。

 

格安SIMで利用する時の中古スマホ購入のポイント

基本的に日本で販売されたものなら問題ありません。

海外で販売されていたものであれば、快適マークがついているかどうかをチェックしましょう。

 

通信規格と周波数

スマートフォンとSIMカードには、決まりがあります。

通信規格の確認

ドコモ、ソフトバンク・・・・W-CDMA方式

au・・・・・・・・・・・・・CDMA2000 1x方式

間違えると使えないので気をつけてください。

 

中古スマホをウェブショップで購入するには

ウェブショップで購入するメリットは、実店舗で買うよりも在庫数が豊富かつ

比較的安く購入できます。

 

ただし、実物の確認ができず、写真などでしか判断できないのが心配ですね。

 

オークションやフリマサイトで購入する方法もありますが、

個人間の売買なのでトラブルになったという話も聞きますね。