SIMのサイズ

ナノSIM iPhoneや多くのアンドロイドで主流のSIM

マイクロSIM 一部の格安スマホで使用

標準SIM 古いスマホ、personal computer

SIMの種類

音声通話SIM(音声通話+データ通信+SMS)

データ通信+SMS

データ専用SIM

どうして安いのか?

格安スマホは大手キャリアの半額以下。

キャリアの電話回線を借りているので、インフラ投資がないので、

料金が下げられます。

通信エリアはキャリアと同じなので、安心して利用できます。

 

キャリアのドコモ回線を利用しているMVNOが多いですね。

au回線があるのは、auのサブキャリアのワイモバイル、MVNOではmineoです。

ソフトバンクのサブキャリアのワイモバイルは、ソフトバンク回線を

使用しています。

通信速度はどうなの?

平日のお昼休み、朝夕、夜にかけて利用が集中する時間帯は、

通信速度がおそくなります。

 

サブキャリアのワイモバイル(ソフトバンク)、UQモバイル(au)の2社は、

キャリア並みの通信速度が出るようです。

使えないサービスは?

格安スマホに乗り換えるとキャリアメールが使えなくなります。

Gメールなどのフリーメールを使うことになります。

格安スマホの性能、機能は?

格安スマホの売れ筋は2~3万円位。

海外メーカーでは、ファーウェイの「nova lite」、ASUS「zenfone 」が

人気です。

5.2型の今主流のサイズで指紋認証、コスパもいい機種です。

 

キャリアの高級モデルと比べると、防水、ワンセグ、おサイフケータイなどの

機能では劣りますが、普通に使うには十分な性能です。

 

防水、おサイフケータイの機能が欲しい人は、

arroes m03などの国内メーカーがおすすめです。

HUAWEI novalite

ASUS zenfone 3 MAX

富士通arrows M03

キャリアから乗り換えるときの費用は?

MNP転出手数料 ドコモ2000円、au・ソフトバンク3000円

MVNO格安SIM契約料 3000円程度

キャリアの更新月(購入月の翌月を一か月目として、25か月26か月の2か月間)

意外だと契約解除料約1万円かかる。

データの移行は?

格安スマホへのデータの移行は自分でする必要があります。

連絡先(電話帳)

android

SDカード、Gメールなどのクラウドにデータを保存してから移動

iphone

Gメールなどのクラウドにデータを保存してから移動

iphone→iphone

ituneでパソコン経由で移動

オサイフケータイ 使用中のアプリで移行手続き、新しいスマホでデータ引き継ぎ

ゲームなどのアプリ アプリ上で移行手続き

LINE 旧端末でラインアプリにメールアドレス登録

今のスマホで格安SIMを使うときの注意点

各社で使用する周波数帯域が違うので、格安SIMにするときはSIMロック解除

が必要。

ドコモだけは、ドコモ回線のSIMをさすだけでOK。

au、ソフトバンクは、SIMロック解除が必要。

基本的には今使っているスマホと同じ回線のMVNOを利用する。

 

iphoneは、3社のバンドすべてに対応する。

MVNOのサイトにどの端末が使用できるか表示されているので、確認必要。

パソコン、タブレットで格安SIMを使う方法

格安SIMが使用できるのは、SIMフリー、LTE対応のパソコン、タブレット

ノートパソコンも格安SIMを挿入して使うモデルが登場が増えています。

ソニーのVAIO、パナソニックのLets note、NECのLAVIEなど。

パナソニック Lets note RZ

格安タブレット

最低限でも1万円以下、できれば2万円以上、安心して使うなら3万円以上。

Wi-Fi版、LTE(セルラー)版がある。

Wi-Fi版では格安SIMは使えません。

LTE版はWi-Fiにも対応しているので、Wi-Fiも使えます。

SIMフリーと、白ロム(キャリアで売られているもの)があり、

白ロムは中古ショップなどで買えます。

SIMフリーには、ワンセグ、フルセグ、防水がないので、その場合は

白ロムをえらばないといけません。

 

持ち歩きに便利な7~8インチモデル

ASUS、HUAWEI、APPLEが人気のようです。

Huawei Media Pad

格安SIMの契約期間と解除料金は?

一般的に、

端末を分割払いで購入した場合は、24回払いになるので、

最低利用期間は2年間です。

最低利用期間前に解約すると、解除料が約1万円くらいかかります。

音声通話SIMは、12か月です。データSIMは、最低利用期間はありません。