大雑把な流れは、i Phoneを用意して、次に格安シムを申し込み、届いた格安シムをi Phoneに入れて設定する。

設定するときはWiFi環境が必要です。

 

i Phoneを用意する。

①現在使っているi Phoneを、格安SIMで使う。

楽天モバイルはどこも系の回線を使っているので、ドコモのi Phoneだとそのまままシムを差し込んで使えます。

テザリングも普通にできます。

②新規でi Phoneを購入して、格安SIMで使う。

a)アップルストアで購入

i phoneの新品は、アップルストアでシムフリーのi Phoneが購入できます。

iphoneX   5.8  112,800~

iphone8  5.5   89800~

iphone7     5.8   112,800~

iphone6S  5.5   61,800~

SiphoneE  4.0  39,800~

 

b)中古スマホを購入

中古スマホ専門サイト「ムスビー」の場合

i phone6s  16000~、SE 22500~

Xperia XZ1 SOV36 33,300円~、Galaxy S9 SC-02K 60,300円~

c)MVNOでセットで購入

iphoneがシムとセットでかえるMVNO、型落ちです

楽天モバイル、UQモバイル、mineo

iphone6s,SEなど

 

楽天で格安SIMを選ぶ

動作確認済み端末のページで、自分のiphoneが使えるかどうか確認してください。

通話シム(ネット、SMS、電話)

楽天会員登録し3年契約の場合

高速通信容量を使い切った後は、最大1Mbps、お昼などは300Kbps程度

※1Mbps

youtubeは0.6Mbpsあれば、ストレスなく見れる

ウェブサイトもストレスなく見れる

 

10分以内かけ放題+選べるデータ量

2GB=2980円→楽天会員3年契約1480円、2年契約1980円

6GB=3980円→楽天会員3年契約2480円、2年契約2980円

※契約期間が延びれば安くなる

 

楽天会員割

2年間ずっと△500円

長期割

2年契約△500円

3年契約△1000円

※通話超過分30秒20円

※3年目から基本料金になる

 

iphoneへのシムカード取り付け方法

・電源を切る

・シムカードセット

・電源を入れる

・APN設定(アクセスポイント)

・APN情報確認(台紙に書いてあります)

・WiFi接続

・プラウザ起動

・プロファイルのURLにアクセス

・構成プロファイルをインストール

・パスコード入力

・インストールをタップ

・完了