大手キャリアでi phoneを購入する方法もあるんですが、

i phoneを安く使いたかったら、SIMフリーのi phone を購入して、

格安SIMで使えば、今までの半額位になりますね。

 

SIMフリーのi phoneが購入できるのは、アップルストア、中古スマホ販売店、

MVNOの3つですね。

 

それぞれのメリット、デメリットをまとめました。

アップルストアで購入する場合

アップルストアには、i phone全機種がそろっています。

i phone7が購入できるのは、アップルストアだけですね。

価格は定価なので、他で買うよりも高めです。

格安SIMを使うには、アップルストアでi phoneを購入して、

MVNOで格安SIMを購入します。

 

デメリットは、自分でSIMやスマホの設定をしないといけないので、

スマホがわかる人じゃないと不安ですよね。

 

中古スマホ販売店で購入する方法

中古スマホ販売店も増えてきました。

最新機種はありませんが、前機種はたくさんそろっていますね。

価格も格安で購入できますね。

 

デメリットは、中古だとちょっと品質が不安なので、

安心できるお店を見つけることがポイントですね。

設定は自分でしないといけないので、

スマホがわかる人じゃないと不安がありますよね。

 

このお店は10年の実績があるお店なので、信頼できると思います。

中古スマホ・白ロム専門サイト/ムスビー

 

MVNOで購入する方法

MVNOでは、UQモバイルとY!mobileで扱っています。

機種は、7月の時点では、i phone SEだけですね。

価格は、UQモバイルのほうが安いですね。

 

MVNOで購入するメリットは、自宅に届くときには設定がされていることですね。

自分でする設定は僅かなので、迷うことはないですね。

【UQモバイル】

 

 

まとめ

3つの方法とも、メリット、デメリットあるので、

自分に合う方法で購入してみてください。

 

とにかく、月の利用料が半額になるのは大きいですよ!

 

初心者の人や設定を自分でするのが不安な人は、

MVNOでi phone SEを購入するのがいいんじゃないかと思います。

【UQモバイル】